ガーナ大首長との協力関係構築について

ガーナ大首長との協力関係構築について

 

ガーナ共和国におけるVIPSTARCOINの普及推進に関して、Maximoore氏およびBM max enterprise社の尽力により、 アシャンティ王国(州)の大首長の1人であるNana Obrempon Kwaku Duah III世氏の協力が得られることになりました。

アシャンティ王国(州)について

ガーナ共和国は16の州で構成されると説明されますが、実際には州の多くは独立した『王国』であり、『王』による君主制が敷かれています。
ガーナ第二の都市クマシを首都とするアシャンティ王国は1670年に建国した旧アシャンティ王国の流れを継いでおり、現在10ある王国の中で最も権威があるとされています。
より詳しくはこちらをクリック

Nana Obrempon Kwaku Duah III世氏はアシャンティ王国に約10名いる大首長の中でも高位に位置し、アシャンティ王国の約1/4の国土、60~80万人の住民を管轄しています。今後は、管轄エリアへのVIPSTARCOINへの普及指示および、他の大首長と共にアシャンティ王国全土への普及に向けてご協力をいただくことになっています。

今回の協力関係構築にあたり、いただいたメッセージビデオを合わせて公開いたします。伝統に従って大首長は現地語で話し、従者が英語に翻訳しています。イエス・キリストに例えて、VIPSTARCOINとの協力関係構築を祝福してくださっています。

 

 

メッセージの翻訳

※従者の英語およびmaxiの現地語の英語翻訳を元に作成

これらはNana Obrempon Kwaku Duah IIIの言葉です。 Nanaは、MSM moore foundationがガーナで病気、無力、貧困に苦しむ人々を支援していることを受け、VISPSTARCOINを受け入れることにしました。

Nanaは、VIPSTARCOINがMSM Moore Foundationと協力して人々の支援を継続できるように、VISPSTARCOINを自宅や店舗でも受け入れられるよう、住民全員に訴えています。

私達はVIPSTARCOINを我々の中で留めるべきではなく、むしろ海外にいる家族または世界中の誰かに広めるべきです。

新規事業を設立する者は、この支払いプラットフォームを利用することにより、自身だけでなく消費者にも利益をもたらすことができます。
Nanaは続けて言いました。

『最初にイエス・キリストに会ったサマリア人の女性がいました。彼女はそのことを自身の中に留めずに街に行き、イエスの到来を告げました。これはMaximooreにとってVIPSTARCOINを彼の中に留めずに、この地域、ガーナ全土がVIPSTARCOINから利益を得ることを望むのと同じです。』

MaximooreがVIPSTARCOINを受け入れて私達に広めたならば、私達はこのコインを祝福し、日常生活の中に受け入れるべきです。

VIPSTARCOINのコミュニティでは日々活発にファンによる交流や開発が行われております。
日常の生活の話から真面目な話、気軽に開発やブロックチェーンに触れてみたいという方にもおすすめの楽しいコミュニティです。
5ちゃんねるにある本スレやDiscordを是非とも覗いて見てください!

VIPSTARCOINのDiscordコミュニティはこちら!
https://discord.gg/6A5teWA